皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

タイトルを目指して

対人戦(それも、ネットワーク大会で勝つためだけのU5チーム)の確率が高いため、なかなかタイトルと縁遠くなっていますが、メンツ的には遜色がなくなりつつある「ジャイアント・グロース」なら、そのうち取れるようになるでしょう。

では結果報告をば。

第56戦 VS グリーン・パウリスタ 54-46 (KCC1回戦) △0-0 PK 7-6
アイマールやファン・デル・メイデが1対1を外したおかげでPK戦にまでもつれ込み、6人目まで決めあった後、パヌッチが外して負けるという、不運な試合でした。1本ぐらい止めて欲しかったよ…っていうか、1対1を決めていろよ・・・
引いたカードはスカローニ。パワー型のDFはいらないよ…

第57戦 VS 1FCプロイセン 53-47 (FM) ○2-0
この試合は、中盤で相手を圧倒して、ファン・デル・メイデの2得点で完勝でした。ネドベドのクロスにきちんと合わせることが出来るのは流石です。
引いたカードはミスタ。彼もまた、7枚以上引いているカードですね。このカードの寄りは何とかならないのかな?

第58戦 VS ミラクル・ブラウクラナ 48-52 (FM) △1-1
この試合の前にチームのあだ名が変わって、「アメリカの疾風」になりました。試合の方は、超人ぞろいのチームを相手に、何とか引き分けました。それにしても、バルセロナっていろんな選手が在籍してたんだなと再認識させられましたよ。
引いたカードはマケレレ。超人を引いてしまいましたが、同じタイプのダヴィッツがすでに連携を確立しているので見送りです。欲を言えばこっちを先に引きたかったな。

第59戦 VS ホワイト・ジャイアント 46-54 (FM) ○2-0
バルサの次はR・マドリードとの対戦です。今日は相手が豪華だね。2得点ともコーナーキックからの得点で、1点目がダヴィッツとは思えない(笑)芸術的なキックでゴールに押し込み、2点目がA・コール(ロベカル?)のオウンゴールとラッキーな勝ちを拾いました。
引いたカードはネドベド。現在、絶賛大活躍中です。

大会に負けたので、その分のFMをこなす形で今回の「ジャイアント・グロース」はお仕舞いです。その分、もうすぐ任期終了の「ラ・エスパダ・ブランカ」(7代目)の試合をこなしました。以下は、それでプレーした感想です。




「ラ・エスパダ・ブランカ」も7つ目になりました。この7代目は、結果はともかく強さという面では最高のチームでした。ルカ・トニの決定力は尋常じゃないということと、連携のあるディフェンスの有効性が実証されたことが印象深かったです。

ルカ・トニは、シュートの決定率とポストプレーのうまさはかなり高いものがあります。2シャドーだったミッコリとモンターニョとの3トップの破壊力はすごいものがありました。選手だけを見て弱いと言い放った(しかもわざわざ聞こえるように!)廃人のチームを3-0でボコってやったときはいい気味だと思いましたね。
ただ、突破力はそんなに高いわけではない、っていうかFWとしては平均並みかそれ以下なのと、ポジショニングが極端にうまいわけではないので、使い方の難しい選手でもあります。そのあたりが数値に反映されて、そんなに高い数値を持った選手ではないのですが、「数値なんて飾りに過ぎんのですよ!エロい人にはそれがわからんのです!!」の典型的な選手ですね。うまく使えば、超人並みの戦闘力を発揮できます。
しかし、数値しか見ず、「一人で出来た!」なFWしか使わない廃人さんでは使いこなすことはおろか、使おうという気も起きない選手でしょうね。

そして、レグロッターリエを除くキエーボラインで固めた4バックの堅守はかなりのものでした。超人の「一人で出来た!」をカウンターでやられたり、うまくサイドチェンジをやられると、個々の能力で劣るためやられます。しかし、フォアチェックとカバーリングをうまく役割分担して守れる状況なら、超人の突破もほとんど防いでくれました。(ただし、見ているこっちは冷や冷やものだけど…) DFがフォアチェックに行くと、競り合ったり、ドリブルが大きくなったりするので、足もとから離れます。そして、そのボールをもう一人のDFが奪い去るというコンビネーションは超人の突破も止めてくれます。
このディフェンスはかなり有効で、左サイド一辺倒の廃人チームを数限りなく弾き飛ばしました。何の対策もできずに、試合中のボタンを連打に怒気が混じり始めるのを感じると、哀れになってきましたね。挙句に「補正」と言われてもね…
ただ、このディフェンスを機能させるには、選手の適性を確実に見極める必要があり、相手の攻撃に合わせてポジションやラインの高さを替えていかないとやられます。超人やいわゆる優良白な選手はそれぞれの能力を高いレベルで持っているので、適当に配置してもそれなりの防御力を発揮しますが、普通の白カードは特化した能力を持っていることが多いので、考えて使わないと能力を発揮してくれません。

結局は、しっかりと考えてチーム戦略を作り、相手に合わせて戦術を工夫する。こんな当たり前のことをするのが一番有効で、楽しいことだと再認識させてもらったのがこの7代目の最大の収穫でしょう。でもね、
エロい人にはそれがわからんのです!!
困ったもんだ。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-24 16:03 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧