皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

VS超人

左サイドバックの守備力と、キーパーに一抹の不安があるものの、優秀な選手も揃ってきて、チーム経験値と連携のことも考えると、もう選手交代はなくなったような気もする「ジャイアント・グロース」ですが、一応引き報告は残しておきましょう。

第60戦 VS ビック・アップルスターズ 65-35 (KCC1回戦) ○3-0
入るタイミングの問題(この前のローカル大会が終わると人がこぞっていなくなるため空きができやすい)でまたKCCですが、CPU相手に戦力差通りの圧勝でした。サイドからも中央からも攻撃のできるチームになったため、プレイしてて楽しくなってきましたね。
引いたカードはウォーノックでした。

第61戦 VS FCチッタ・ディ・アクア 64-36 (KCC準決勝) ○3-0
今回は中央突破が冴え渡り、アイマールが大活躍の試合でした。スルーパスからの飛び出しで得点するのって、かっこいいよね。この得点を次の試合に持って行きたいと思ってしまうほどの圧勝でした。
引いたカードはオーイエル。

第62戦 VS 対人戦 54-46 (KCC決勝戦) ●1-2
すごくラッキーな形で先制したものの、相手の超人クワガタの前に完敗しました。左のガウショはパヌッチで止めれるものの、右のカカはリーセでは止められず、いいようにクロスを上げられていました。
引いたカードはアナスタシウ。

第63戦 VS 対人戦 55-45 (CT1回戦アウェー) ●1-2
第64戦 VS 対人戦 54-46 (CT1回戦ホーム) ●1-2
第62戦と同じ相手ですが、こっちの打つ手を嘲り笑うかのごとく、何をやってもカカにしてやられました。こちらの攻撃も、ネスタをかわしても後ろに控えるアンドラーデが絶好調でことごとくはじかれる始末。いい形でシュートを打ってもレーマンのミラクルセーブ、サイドから攻めると裏を突かれるといいとこなしでした。
引いたカードはそれぞれルイス・ガルシアとギグスでした。

流石に、大会用に作られたU5チームを相手にするとつらいものがありますが、「ジャイアント・グロース」も連携もつながってきて、いい感じのチームに育ちました。左サイドの守備を考える必要はありますが、現在の選手たちでも何とかなりそうだと思います。




それにしても、3戦連続であたったあのチーム、本当に選手能力だけに頼ったチームだったよな…
真ん中のMVPシェバがトップ張り付きだから、正確にはクワガタじゃないんだけど、カカがクロスあげたら、シェバが確実に決めてくるのだからやってられないと思ったよ。彼のクロスは低くて速いから、なかなかキーパー飛び出せないし。

で、このあとで「ラ・エスパダ・ブランカ」の最後の大会として選んだTHCでも当たったんだけど、こっちは2-0で完勝。ま、シェバがケガでいなかったのが大きかったし、正直一番の勝因だと思うよ。
この手のU5チームの最大の欠点は、超人が一人でも欠けると途端に戦闘力が落ちるんだよね。危機管理能力が低いのか、主力が欠けたときの対応がまったく出来ていないんですよ。
あのチームの彼はシェバ抜きの対応として、フォーメーションは変更せず、トップにカカを入れて、右サイドに控えのシセを入れてきました。そして中央から攻撃してきました。ぶっちゃけ、選手の適正をまったく考えていないおバカな対応だと思いましたね。

そもそも、ロナウジーニョはパサーであり、サイドを突破するタイプの選手ではありません。基礎能力が高いので、相手が並以下ならサイド突破も出来ますが、やはり、中央寄りでこそ光る選手だと思います。逆サイドからクロスが上がるのならその決定力が生かせますが、そうでない限りサイドのベタ付けは効果的だとは思いません。
カカは逆で、超絶的な突破能力があり、その力はサイドで生きます。しかし、多少パワー不足なところがあるのでクロスに合わせるのは得意ではなく、足の速さはあっても、ライン裏への抜け出しがあまり上手ではないと感じています。(DFに引っかかるような形になりやすい)
シェフチェンコは、カカよりもパワーがある分、DFを吹き飛ばす感じになりやすく、代わりにクロスが不正確といった感じになります。
シセは、シェフチェンコと同じタイプで、パワーで劣る分、抜け出しがうまくなっている印象があります。あと、多少決定力が落ちますね。

つまり、選手の配置を完全にミスっています。カカとシセが逆です。そして、中央よりの配置にしてここ一番でサイドに開くとかすれば、「ラ・エスパダ・ブランカ」の面子では能力差で押し切られた可能性が高いです。守備陣も、変幻自在の3トップを警戒しすぎてサイドががら空きだったので、いいように突破させてもらいました。こうなると決定力のあるトニがいるのは大きいですね。

勝ちにこだわるチーム作りする人って、選手が欠けない前提で作ってるとしか思えないような控え選手の選択しているんですよね。大阪の大会用チームでアントニオーリが必ず入っているのが典型的な例でしょう。

やっぱり、カード累積による出場停止を導入するべきですね。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-27 00:41 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧