皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アリエル・アリエン監督記 第2節 ~生みの苦しみ~

まだ立ち上がったばかりのチームなので、色々と試しながらの試合が続いて、結果に結びついていない感じがあるが、大分チームとして機能するようになってきた。しかし、まだまだのところも多いのでしっかりと練習しなければならないだろう。

前の試合で、中盤の守備もまずさで完敗したため、プレッシングの練習をした。前の練習の時と違い、今回はまじめに取り組んでくれ、しっかりとした効果があった。
また、色々ともめていた背番号の問題も片付き、チームとしてのまとまりも出てきたようだ。

第6戦 VS トゥースピック・ロンドン (RLD2:ホーム) ○2-1
練習の成果がきちんと出て、中盤でしっかりと奪うことが出来た。そしてそのままアリエルが右サイドで受け、そのまま内側に切れ込んで開いたスペースにエルナンが走りこんで決めるパターンで2点を奪うことが出来た。しかし、サイドに開こうとしたアリエンはぜんぜん突破できず、まったく活躍できなかった。サイドアタックのあり方を考える必要を感じる一戦だった。

かって勢いに乗る我等のチームに、有名コーチが来てくれた。選手たちもまじめに打ち込んで、実りのある練習だった。
前の試合でいい連携を見せてくれたエルナンとアリエルを呼び出して、このことに褒めたら連携の重要性を再認識してくれたようだった。また、悩みがあるというハヴィエル(サネッティ)に心配だと声をかけたが、気持ちが伝わらず更に落ち込んでしまった。選手との付き合い方というものはやはり難しい。

第7戦 VS 京都サッカークラブ (RLD2:アウェー) ●1-0
この試合はアリエンのところでボールが収まらず攻めあぐねているうちに、レオンの個人技でディフェンスラインを突破されて1点を奪われ、そのまま試合終了してしまった。あれは「敵ながら天晴れ」としか言いようがなかった。

前の試合で、ディフェンスの脆弱さが露見してしまったので、ディフェンスの練習をしたが、あのときのショックが抜けきれないのか、今ひとつパッとしない練習になってしまった。
エルナンとアリエンがもめたと言うので、二人を呼び出して話し合わせてみたが、より険悪な感じになってしまった。言葉の壁があったのも原因の一つであったのだろうか。また、ハヴィエルがウィルと折り合いがつかないと言ってきたので、仲を取り持った。

第8戦 VS オリンピック磐田 (EPC1回戦) ●0-2
試合開始早々、ゴール前でロベルトが後ろからのタックルでイエローカードをもらい、更にサンティが一歩も動けない芸術的なFKを名波に決められてしまった。更に絶好調なスキラッチに何度もディフェンスラインを破られ、散々な試合であった。

このチームの最大の弱点である中盤の守備を建て直すため、プレッシングの練習をしたら、選手たちの目が輝くほど集中して取り組んでくれた。選手たちにも課題が見えていたのだろう。
どうも、アリエンとセバの間でパスのつながりの悪さを感じたので、二人を呼び出して連携について話したら、大切さを再認識してくれたようだった。また、やる気の見えなかったウィルを呼び出し調子を尋ねたら、そんなに悪くないと答えてくれた。これから調子も上向いてくるだろう。

第9戦 VS 新潟キグナス (FM:ホーム) ○3-1
この試合はアリエンの独壇場で、突破からのクロス、走りこむフランク(ランパード)へのスルーパス、カウンターからのアーリークロスと多彩な3アシストの大活躍であった。また、調子の悪いウィルに代わって、パトリック(ムティリガ)をレギュラーにしたが、いい予想以上に守備をしてくれた。これが一番の収穫ではなかったのだろうか。

前の試合で、2点を決めたアリエンとエルナンのコンビだが、試合中でも何か言い合っているので呼び出して、いったん距離を置くように指示してみたが、かえって不満が増してしまったようだった。
好調な我等の噂を聞きつけて、またしても有名コーチがやってきてくれた。選手たちもまじめに練習していたが、それ以上に私も勉強になることが多いいい練習であった。

第10戦 VS ブラックパンサー浪速 (FM:アウェー) ○0-1
前の試合からディフェンスラインを下げ目にし、クロードの守備範囲の広さを生かす布陣にしたら、守備が安定するようになった。攻撃面でもサイドアタックを多用するようになり、両サイドのウィングもサイドバックと連携して攻めるようになってきた。ハヴィエルとアリエルのコンビネーションから右サイドを突破し、中央のエルナンにクロスを合わせることで得た、虎の子の1点を守りきって、何とか勝利を収めた。

10試合終わった段階で4勝5敗1分と負け越してしまっているが、試合をするたびに連携やチーム戦術が成長しているのが分かるので、このチームをまだまだこれからのチームであると断言できよう。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-02-05 20:45 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧