皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:その他ゲーム( 15 )

末弥純はいいね

最近、カードを動かす必要のほとんどないWCCFに辟易してきたので、もう少し忙しないATCGをやりたくなって色々探した結果、悠久の車輪に行き着きました。末弥純の絵があるからっていうのが大きかったですね。同じ末弥純がいても三国志大戦3はやる気がまったくしなかったのですが。(天舞で懲りたので、三国志関連はコーエー以外はやりたくないのが本音)

このゲームはシステム的なバランスが非常に良く、メタゲーム的な要素が強いのが特徴です。デッキパワーの差や相性もプレイングでかなりカバーできるのもいいですね。
腕の差に関してはレーティングシステムを導入して同程度のレーティングの相手とマッチするようになっているので、腕の差だけで蹂躙されることも少なく、プレイングの練習もしやすい環境になっています。

c0050443_1271914.jpgまたモバイルサイトから携帯用の壁紙をダウンロードすることも可能で、その絵をこうして張ることも出来ます。こういったサイトでの使用に関しての細かい規約はないけど、使ってかまわないよね?一応コピーライトが書いてあるし…
一応問い合わせておこうかな。

なぜ、やるおなのかについてはあまり深く考えないほうがいいかと思います。
今日拾ったばかりの灰色の年増の方が良かったですか?






でもこのゲームは致命的ともいえる二つの欠点があってあまり人にお奨めできるゲームではないのが難点です。

欠点その1:コモンのダブり率の高さと配列の偏り
このゲームのカード排出率はSR:R:UC:C=1:3:8:38と言われています。少々UCの出が悪いとは思いますが特に問題は感じません。しかしカードの種類がSR:R:UC:C=25:25:30:42とSRが多くCが少ないので、Cがかぶりまくります。
また、1パック50枚の中のなかでSRやRが固まっていることが多く、堀師がめぼしいものを掘った後の台に当たったら、パック切れまでCを引き続けることになります。これが2chなどで排出率が悪いと言われる原因です。

欠点その2:コモンカードの幅の狭さ
上記の通りCの種類が少ないため、Cは低コストの基本的なカードがほとんどになります。Cだけデッキを組もうと思った場合、ワラ(普通のTCGで言うところのウィニーデッキ)にしかならず、デッキ構築の幅が異常に狭くなります。
UCまで含めれば優秀な中コストカードもあるのでバランスデッキも組めますが、高コストカードはほとんどがR以上なので、尖がったデッキはR以上が必要になります。

正直、追加カードが出てCやUCの幅が広がるか、R以上のカードの入手が容易にならない限り、アンバランスなクソゲーだと言って構わないでしょう。ただ、タイトーは追加カードのほとんどがR以上とかいうアクエリアンエイジでの実績があるらしいから怖いんだよね…
親会社からでるLoVもあるからそこまで力を入れられるか分からないし…
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2008-05-04 13:02 | その他ゲーム

薄くて軽くて素敵(?)な奴

(・見・)<PSPでPSP、オレのセンスサイコー
にはめられて、PSP(当然ゲーム機の方)を買ってしまいました。もともと欲しいゲームもいくつかあったので、いつかは買うつもりでしたけどね。
弟が古いPSP(初期不具合対応版らしい)を持っているのですが、新型は相当軽くなっています。個人的にはあれぐらいのずしっと感があったほうが好みですが、長時間やると疲れそうですね。

で、今は欲しかったゲームのひとつ「ギレンの野望」をちょこちょことプレイしています。
このゲームは初作のサターン版の出来が非常に高く、キャラゲー=クソゲーの法則を見事に打ち破った、ガンダムゲーに限らずキャラゲーの中興の祖とも言うべきゲームでした。
しかし、プレステ版のジオンの系譜、特に2部になってからがキャラゲーとして後退していて、そのドリキャス移植版でゲンナリして、ジオン独立戦争記が古いパソコンのSLG的なダメさ加減が漂ってて見限りました。
DC版ジオンの系譜でレイヤー隊長が”故郷”に帰ってきたはずなのに、相変わらず肩身が狭いのには本当に幻滅しました。初作はそういう細かいところをきっちりと作りこんだゲームだったのに… ちなみに今回は”故郷”ではないから肩身が狭くてもOKですよ。

PSP版「アクシズの脅威」は今初回プレーの連邦軍の2部をやっていますが、移植作に当たるとはいえジオンの系譜とあまり変わり映えがしませんね。キャラが増えた分は新鮮ですが、昔からのキャラの台詞がまったく同じではちょっとどうかと思います。(しかも前の音データを使いまわしているくさい)
あと、2部を始めた際に兵力が支配区域に分散されるのはいいのですが、前回は数ターン敵が動きを止めてくれるおかげで体勢を立て直せたのですが、今回はそれがなくなったため1ターン目から相手が攻め込んできます。同時に4,5箇所で戦闘が起こるとめんどくさいんだよ…

最近オレっちがやるゲーム全般に言える事ですが、もう少し丁寧な作りしてくれませんかね?
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2008-02-25 15:09 | その他ゲーム

オレっちは本来SLGが好きなのよ。

最近、アルトネリコの合間にGジェネレーションスピリットをやり始めたら、いつのまにかアルトネリコをほったらかしにしてプレイするようになっていました。
別にガンヲタと言うほどガンダムが好きなわけではないのですが、富野由悠季監督が好きというか、信奉のレベルになっているのでそれなりに詳しいつもりではいます。我が家では富野監督の作品編集能力を非常に高く評価しており、邦画やハリウッドのA級映画に良くある冗長な作品を見るたびに「富野連れて来い!半分でまとまる」(タイタニックは川瀬敏文監督と組めば1時間で十分と言ったこともある)とよく言っています。

アニメの話はさておいて、Gジェネはプレステ1のF以来になるのですが、オリジナルキャラクターの説明欄に「F以来の参戦」などと書かれると時代を感じます。

それにしても、スピリットはFに比べて親切になっていますね。後戻りできないシナリオや開発経路などFはハマリの多いゲームでしたが、かなり改善されハマリはなさそうに感じます。また、生産枠の32種類制限も撤廃され、開発区分も大きく纏まったのでシステム的な難易度は相当下がっています。GMを開発し続ければF91に辿り着くなんてFでは考えられませんでしたね。

マップとかゲーム的な難易度は、Fとはラグビーとアメフトぐらいのゲーム性の違いがあるため一概に比較は出来ませんが、システム的に楽になった分クリアするだけなら結構すんなりと進めます。もっとも、ギリギリのところをついてくる絶妙なバランス感覚は相変わらず健在ですが。

ただ、明らかにバグデータと思われるものが一部実装されていて難易度を下げています。極端に難易度が上がるデータがないところをみると意図的に残した気もしますが、アストナージエンジンとZZみたいなミサイル機体が手に入った瞬間に余裕でプラチナ(マップの最高評価)が取れるようになるのはちょっとどうかと思います。

今回やたらと一年戦争時のシナリオが増えたおかげで、未だに一年戦争が終わっていない状況ですが、すでにZやZZの時代の機体が手に入っているので戦力差に物を言わせてブイブイ言わせてますよ。ジオンの新型を追いかけるマット隊長がザクⅢに打ち落とされるのだからゲームの世界は無常です。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2008-02-11 23:48 | その他ゲーム

下手も極めれば味になる…かな?

さて、業界きっての言葉遊びゲー、アルトネリコですがぼちぼちと進めています。

このゲームはプロローグである開始30分がきついことになっていて、そこさえ突破すればそれなりに楽しめるゲームです。

シュレリア様「いいですか、ライナー。」(エフェクト付)
ライナー「ですがシュレリア様!」

このステキコンボを耐え切ることが出来れば、老若男女すべてを愛する博愛の人ライナーの三重婚への道を楽しむことができます。

それにしてもこのライナー君、ダミの入った素人発声アテレコくさくない自然な声の出し方で、色々とステキな演技をしてくれます。
「うなれしっぷう!」とか「へへっ!やったぜ!」とか、ずっと聞き続けているとこれはこれでいいものだと思えてきます。

それにしても、ライナーはこのゲームに参加した歌手の方々(すべて女性)に総スカンをくって、霜月はるかをして「いいから、そこになおれ」とまで言わしめています。
その気持ちはよくわかるよ
マルチヒロインで各個人ごとのエンディングのあるゲームの主人公の宿命とはいえ、少しかわいそうな言われようですね…

ちなみにオレはミシャ一筋ですよ。オリカは後ろからナイフで刺してきそうなキャラだからね。
ミシャはミシャで、正面から包丁ごと身体預けに来るタイプだけど…
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-12-08 23:51 | その他ゲーム

何なのよその小さい「ぅ」はっ!

オレっちの弟はガストのファンでアトリエシリーズを非常に気に入っているのですが、バンプレスト発売ですが、ガスト制作のアルトネリコもお気に入りのようです。世間ではエロゲーとも言われる言葉遊びの過ぎたゲームでしたが。

当然この前でたアルトネリコ2をプレーしているのですが、横目で見てるととても面白いシーンがありました。YouTubeにあったので、URLを張っておきます。
http://jp.youtube.com/watch?v=R5UJ64MFxf0
いやー、クローシェ様はステキな方ですね。

でも、このゲーム一番のお気に入りはジャクリですね。このゲームのメインファン層を見下したかのような台詞の数々は最高ですね。ナニガアッタンダロ?

ジャクリを自分のプレーで堪能したいから、オレもアルトネリコ2を始めようと思ったのですが、1を知らないと面白くないので(特にジャクリ関連)、1からプレーすることにしました。

ガストのゲームは基本的に次回作の方が完成度が高く、2をプレーした後に1をプレーするとタルくなるので、まずは1からというわけです。
先は長いね・・・
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-11-17 23:01 | その他ゲーム

みんなのヒーロー ON!MYO!JI!!

この三連休は、仕事が一段落ついて次の山場までの一瞬の休みのはずだったんですが、PSUがチート騒動でえらいことになっていて、ロールバック必至な状況なのでプレイする気も起きませんでした。

チート関連の情報を収集しているときに見つけたムービーを張っていおきましょう。一応ゲーム関連だし。
http://www.youtube.com/watch?v=PumFnlu9EIY(動画は張れなかった・・・)
ちなみにこれ、滅茶苦茶オレっち好みなんですけど。

どうやら、改変の入った方が盛り上がっているみたいですが、オレっちとしては、オリジナルをこっちのテンポ(113%)ぐらいで再生するのが一番かなと思っております。

ゲームの話をすれば、このムービーの元である豪血寺一族は村田蓮爾の描く絵が気に入らないのと、インパクト重視でゲーム性が破綻してそうなところがネックでプレーしていないのですが、あのハイセンスな世界観は好みだったんですよね。

ちなみに、音楽CDの発売予約をしているようなので、酔った勢いでいきなり予約してしまいました。

でも後悔はしてないよ!
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-02-13 02:28 | その他ゲーム

伝説の女

さて、この前話題にした龍が如くのヒロイン遥ちゃんですが、今日は彼女の伝説について書いてみましょう。

その1 さらわれ伝説
男性向けの話(対象年齢問わず)において、さらわれるのはヒロインの宿命、というか条件なのですが、遥ちゃんも御多分にもれません。
でも、3回もさらわれるのは隙がありすぎでしょう。
3回とも相棒の伊達さんのせいだというのは秘密の話だが。

その2 おねだり伝説
桐生と二人で町を散策する際、遥ちゃんは色々とおねだりしてくるのですが、これがまたすごい。
アイスクリームをおねだりした直後に牛丼(並)をおねだりしたり(逆なら分かるが・・・)、ハンバーガー、コンビニおにぎり、ラーメン、フライドポテト、なっちゃんオレンジと間髪いれずにおねだりしたりと、無限かつ鉄の胃袋を持っています。あの小さな身体のどこに入っていくのだろうか?

その3 ギャンブル伝説
上記のおねだりの関連ですが、食べ物だけでなく、UFOキャッチャーの景品やバッティングセンターでのホームランなど、ゲームもおねだりしてきます。で、地下カジノに連れて行くといきなり「バカラで勝って」とおねだりしてきます。
よりによって、バカラかよ!!
ブラックジャックやルーレットではなくバカラです。かなりマニアックです。
また、丁半博打の賭場では、ルールを聞き席につくや、座った目をして「丁!」。伝説の極道もビビる凄みでした。挙句に勝ちまくり、「私って才能あるかも」。なんと言ってよいことやら・・・

その4 格闘マニア伝説
サブイベントで、賭けボクシングのために八百長を強制されたボクサーの話があるのですが、このボクサー「ジャッカル八木沢」はタイトルに挑戦するランキング1位の選手だそうです。遥ちゃんはこのジャッカルのファンで、彼の試合を見てファンになったような口ぶりでした。
どこで見たんだジャッカルを?!
落ち着いて考えてみると、どのタイトルに挑戦するとはとははっきりいってませんでしたが、相手がどうも日本人くさく、国内タイトルの可能性が高いと思われます。2005年当時、ボクシングは世界タイトル戦でもない限り地上波放送はされていません。
遥ちゃんの出身である孤児院「ヒマワリ」がわざわざ、ボクシング専門の有料放送を見るとは考えづらく、孤児院のみんなで直接見に行ったとしか思えません。さすが極道養成孤児院「ヒマワリ」です。
また、桐生が街中で喧嘩すると、他の野次馬と一緒に喧嘩を煽っています。ひょっとすると、血を見るのが大好きなだけなのかもしれません。

以上の遥ちゃん伝説から結論を出すと、
遥ちゃんは、末恐ろしいのではない。今の段階で十分に恐ろしいんだよ!!
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-01-11 01:11 | その他ゲーム

伝説の極道(女)

冬休みになって、新しいゲームを買いました。

その名も龍が如く

最近、2が出たし、1作目も評価が非常に高いのでベスト版を買ってやりこみました。

これ、マジでいいゲームだわ

ドリマガ伝説の名企画シェンムー第X章(最終章)が冗談抜きでゲームになるんだもんね。
シェンムー第31章 龍が如く(数字適当)

って感じですね。今回は駐車場で裡門頂肘は練習しないけど。

馳星周が監修しただけあっていい感じのストーリ展開が魅力です。色々初めに持ち込んだシナリオはひどい文句つけられたらしいし。

キャラクターも魅力的で、ヤクザな方々の中では真島の兄さんがお気に入りです。

でも一番のお気に入りキャラはヒロインの遥ちゃんです。
例え、ロリコンの誹りを受けようともここは譲れません。
彼女は主人公の伝説の極道、桐生一馬以上の伝説を作ってくれました。

彼女の数々の伝説はまた後日と言うことで。
[PR]
by m.o.sumeragi | 2007-01-02 23:46 | その他ゲーム

まーじゃん放浪記

実はオレっちは麻雀打ちなのですが、MJ3もMFCもやってたりします。
こう見えても、MFCでプロ初段の免状もらった腕前なんですよ。

そして最近、MJ3のチームに入りました。
その名も「目指せ六段!」です。サイトもあったりします。

実はまだ低段なのですよ。1回カードなくして、暗証番号忘れてやり直したから、MJ2からやってる割には段位は低目です。前はどれだけだったかって?それは聞かないでくださいな。6段で回収期に入ったもんでムカついてるうちにカードなくしたなんて口が裂けても言えませんわ。

MFCの方もカードなくしてやり直しだったし、忘れっぽいのはオレっちの特徴のひとつだね。

ま、プロの方々もカードを結構なくしてるんだけどね。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-12-10 02:15 | その他ゲーム

期待のゲームの成れの果て


ローグギャラクシー
懐かしい名前になりますが、ファミ通の期待の新作で常に3位を維持していたゲームでした。シリーズ物でない中では頑張っていたのですが、正直期待ほど売れるとは思っていませんでした。所詮「スペース・エターナルアルカディア」だと思ってたし。

海賊物の好きなオレっちは、発売前に「2千円切ったら買いだね」などと話していたのですが、本当に2千円を切ったので有言実行で買ってしまいました。それにしても、ここまで下がるとは思わなかった…
作りすぎのせいで、市場で余っているのが主な原因なのでしょうが、マーケティング読み間違えたんだね…

いざプレイしてみると、こりゃ、2千円にもなるわ

ってのが素直な感想ですね。
ゲーム的なところでは、バランス悪すぎ。難易度が高めに設定されている上、アクションがいまいち面白くない。今更、退屈な経験値稼ぎはやってられません。シームレスなのはいいけど、だから何?って感じになってるし。

シナリオ面では、銀河通行証の更新とか言われた段階で幻滅しました。

海賊が、通る道に許可求めるな!!

アウトローだろ、お前たちは… 「マジで『エターナルアルカディア』だな」と思いましたよ…
海賊(つまり全てのモデルとなってるキャプテン・ハーロック)の行動理念を勘違いしているところがまったく一緒です。

現在6章を終わらせたところですが、細かいところでは見所が多い作品だとは思ってますよ。
ルルカの姐御の新参者のくせに副長を無視する仕切りや、パンツからはみ出たお尻のお肉とか、ヒロインであるキサラの微妙な演技と胸の形(鉄板でも仕込んでるのか?あれ)とか、主人公ジェスターの大物っぷりとダミ声とか、色々とあります。
あと、6章のアメリカB級映画のような、繋がりもへったくれも無い唐突な展開は面白かったですね。終了時の、このままスタッフロール突入って感じのムービーはすごかったですね。

物語も佳境に入る前からこれでは、先が思いやられますね。主人公には出生の秘密がありそうだし、ヒロインもあの親父と血がつながってるとは思えないから、色々とステキな展開が待っていそうですね… OTZ

(注:ピンクなネタに関しては背景色のフォントを使って隠しています。)
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-07-24 00:53 | その他ゲーム

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

人気ジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧