皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2005年 12月 ( 8 )   > この月の画像一覧

久々のぷそ

仕事の都合上、なかなかラグオルに降り立つことの出来ない日々が続いていましたが、仕事納めも終わったので、ようやく入れるようになりました。

で、今はMA3が開催中なんですね。世間はそれで盛り上がっているようですが、しばらく離れていたから話題についていけず、まるで浦島太郎なオレっち…
しかも、5鯖がいきなり過疎っているよ・・・

MA3はいろんなルートがあるようなので、まずはルートを覚えることからと、一人でうろうろしていました。そしたら、こんなん出ました。
c0050443_92270.jpg

レアモンだ!!
「BPの危険な取引」以外では初めて見たよ!難易度はハードだったからクリスタルを期待した結果、メセタ。良くあることです。

2倍になっても、簡単にはレアアイテム出ないよなとか思ったら、こんなん出ました。
c0050443_9101028.jpg

ちなみに、初めてのEP4のスペシャルウェポンです。有効に使わせてもらうよ。

昨日はラッキーは日でした。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-31 09:12 | PSO

VS超人

左サイドバックの守備力と、キーパーに一抹の不安があるものの、優秀な選手も揃ってきて、チーム経験値と連携のことも考えると、もう選手交代はなくなったような気もする「ジャイアント・グロース」ですが、一応引き報告は残しておきましょう。

第60戦 VS ビック・アップルスターズ 65-35 (KCC1回戦) ○3-0
入るタイミングの問題(この前のローカル大会が終わると人がこぞっていなくなるため空きができやすい)でまたKCCですが、CPU相手に戦力差通りの圧勝でした。サイドからも中央からも攻撃のできるチームになったため、プレイしてて楽しくなってきましたね。
引いたカードはウォーノックでした。

第61戦 VS FCチッタ・ディ・アクア 64-36 (KCC準決勝) ○3-0
今回は中央突破が冴え渡り、アイマールが大活躍の試合でした。スルーパスからの飛び出しで得点するのって、かっこいいよね。この得点を次の試合に持って行きたいと思ってしまうほどの圧勝でした。
引いたカードはオーイエル。

第62戦 VS 対人戦 54-46 (KCC決勝戦) ●1-2
すごくラッキーな形で先制したものの、相手の超人クワガタの前に完敗しました。左のガウショはパヌッチで止めれるものの、右のカカはリーセでは止められず、いいようにクロスを上げられていました。
引いたカードはアナスタシウ。

第63戦 VS 対人戦 55-45 (CT1回戦アウェー) ●1-2
第64戦 VS 対人戦 54-46 (CT1回戦ホーム) ●1-2
第62戦と同じ相手ですが、こっちの打つ手を嘲り笑うかのごとく、何をやってもカカにしてやられました。こちらの攻撃も、ネスタをかわしても後ろに控えるアンドラーデが絶好調でことごとくはじかれる始末。いい形でシュートを打ってもレーマンのミラクルセーブ、サイドから攻めると裏を突かれるといいとこなしでした。
引いたカードはそれぞれルイス・ガルシアとギグスでした。

流石に、大会用に作られたU5チームを相手にするとつらいものがありますが、「ジャイアント・グロース」も連携もつながってきて、いい感じのチームに育ちました。左サイドの守備を考える必要はありますが、現在の選手たちでも何とかなりそうだと思います。

ちょっと愚痴らせて(なかり長め)
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-27 00:41 | WCCF

タイトルを目指して

対人戦(それも、ネットワーク大会で勝つためだけのU5チーム)の確率が高いため、なかなかタイトルと縁遠くなっていますが、メンツ的には遜色がなくなりつつある「ジャイアント・グロース」なら、そのうち取れるようになるでしょう。

では結果報告をば。

第56戦 VS グリーン・パウリスタ 54-46 (KCC1回戦) △0-0 PK 7-6
アイマールやファン・デル・メイデが1対1を外したおかげでPK戦にまでもつれ込み、6人目まで決めあった後、パヌッチが外して負けるという、不運な試合でした。1本ぐらい止めて欲しかったよ…っていうか、1対1を決めていろよ・・・
引いたカードはスカローニ。パワー型のDFはいらないよ…

第57戦 VS 1FCプロイセン 53-47 (FM) ○2-0
この試合は、中盤で相手を圧倒して、ファン・デル・メイデの2得点で完勝でした。ネドベドのクロスにきちんと合わせることが出来るのは流石です。
引いたカードはミスタ。彼もまた、7枚以上引いているカードですね。このカードの寄りは何とかならないのかな?

第58戦 VS ミラクル・ブラウクラナ 48-52 (FM) △1-1
この試合の前にチームのあだ名が変わって、「アメリカの疾風」になりました。試合の方は、超人ぞろいのチームを相手に、何とか引き分けました。それにしても、バルセロナっていろんな選手が在籍してたんだなと再認識させられましたよ。
引いたカードはマケレレ。超人を引いてしまいましたが、同じタイプのダヴィッツがすでに連携を確立しているので見送りです。欲を言えばこっちを先に引きたかったな。

第59戦 VS ホワイト・ジャイアント 46-54 (FM) ○2-0
バルサの次はR・マドリードとの対戦です。今日は相手が豪華だね。2得点ともコーナーキックからの得点で、1点目がダヴィッツとは思えない(笑)芸術的なキックでゴールに押し込み、2点目がA・コール(ロベカル?)のオウンゴールとラッキーな勝ちを拾いました。
引いたカードはネドベド。現在、絶賛大活躍中です。

大会に負けたので、その分のFMをこなす形で今回の「ジャイアント・グロース」はお仕舞いです。その分、もうすぐ任期終了の「ラ・エスパダ・ブランカ」(7代目)の試合をこなしました。以下は、それでプレーした感想です。

ラ・エスパダ・ブランカについて(大量の毒含むため注意)
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-24 16:03 | WCCF

黄金コンビ誕生!!

折り返しも過ぎ、メンバーもほぼ固定できた「ジャイアント・グロース」ですが、チームグラフのほうの伸びはまだ限界には達していません。まだまだ成長の余地があるということです。

では、結果報告を。

第51戦 VS バイヤー・ハベルラント 57-43 (FM) ○3-0
ファン・デル・メイデの右からの攻撃がぴたりとはまって快勝でした。ネドベドも調子が悪いもののチームになじんできて、活躍してくれるようになりました。
この試合の後、なんとアイマールとパヌッチが黄金連携になりました。オレっちはあまり黄金連携にはこだわらないのでめったに見ないのですが…それにしてもなぜこの2人なんだろ?
引いたカードはペリッツォーリ。かなり久しぶりのキーパーですが、モリーナを押しのけるインパクトのある選手ではありません。

第52戦 VS 対人戦 54-46 (RLD1第5節) ●1-2
ACミランを中心としたチーム相手に完敗でした。こっちの1点はPKによるものです。やはり、超人DF相手では、ファン・デル・メイデの切り込みは役に立ちません。
引いたカードはセードルフ。なんか、髪の毛が短いのに違和感を感じるんですけど…

第53戦 VS リバー・サイドFC 55-45 (RLD1第6節) ○2-0
51戦目といい、最近実在のチームがモデルの相手とよくたたかっているような気がします。ここは、オルテガ、アイマール初めとして好きな選手の多い相手なのでどっちの選手がいいプレーをしても盛り上がれるお得な試合でした。それにしても、ダヴィッツが一人でコートの半分ドリブル突破するとは思わなかった…
引いたカードはアングロ。じつは、ファバッリ、ラゾビッチと並んでよく引いているカードです。もう7枚以上引いてるね。

第54戦 VS 対人戦 46-54 (RLD1最終節) △1-1
実は6節が終わった時点で残留は確定していました。4位以上になるためには引き分け以上の成績が欲しい中で、わざわざ、間のカップ戦を別のチームでやって、RLに狙いを絞りました。
結果はかろうじて引き分け。何とか4位で2つのカップ戦の出場権を確定させました。
引いたカードはパク・チソン。実はこれが初引きです。彼に限らず昔から東洋人の引きはいまいち悪いんですよね…一休さん(小野のこと)好きだから欲しいのに…

第55戦 VS 対人戦 49-51 (RLD1第1節) ○3-0
前の試合が、グランデ・ローマなチームなら、今度はオランダ代表っぽいチームが相手でした。ロッベンしかいない相手の左サイドの裏を突きまくって快勝です。ピレスの舵取りのうまさが光りました。
引いたカードはサイディ。いまさら、よほどの選手でない限り入れる気はしません。

このペースでは、全冠は夢のまた夢ですが、何とか2、3個のタイトルは欲しいところですね。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-20 00:25 | WCCF

折り返しに到着

ディビジョン1昇格を果たした「ジャイアント・グロース」に、スポンサーがついてくれることになりました。「ROV POINT」という名前の飲料品メーカーだそうです。そもそも財政難とは縁のなさそうなチームですが、特別ボーナスで調子がアップすることを考えれば、ありがたいものです。緑地のユニフォームに青い文字ってデザインは、個人的にお気に入りでもあります。

では結果報告を。

第43戦 VS 対人戦 52-48 (RLD1第1節) ●0-1
相手チームのデルベッキオの切り返しにキーパーの飛び出しのタイミングをはずされたための失点だけでやられました。相変わらず中央に絞りたがるファン・デル・メイデがボールを奪われるために、攻撃が不発に終わることが多いです…
引いたカードはデコ。ランパードと同じ理由で見送りです。

第44戦 VS ピッコロ・ギガッテ 56-44 (RLD1第2節) ○2-1
チームのニックネームが変わって、「アメリカの虎」になりました。この試合はファン・デル・メイデの2得点による逆転勝利です。相手が超人やいわゆる優良白の集団でない限り、絞込みは有効なのですけどね。ちなみに、この試合でパヌッチが2枚目のイエローをもらって退場しました。虎らしく獰猛なようです。レッドもらっても次の試合には関係ないから構わないんだけど、ファウルトラブルがないのは寂しいね。
引いたカードはリーセ。出番のなくなったブルーノ・バストと交代です。

第45戦 VS 対人戦 52-48 (EPC1回戦) △1-1 PK 5-6
対人のカップ戦はまたしても、PK戦にまでもつれ込みました。5人目まで決め合ってこちらの6人目のパウロ・フェレイラがはずして決着でした。
引いたカードはキャラガー。加入も考えましたが、今後4バックにする予定で、CBの控えとしてアルベルダとパヌッチがいるので見送りました。

第46戦 VS FCバルセロナ 54-46 (FM) △2-2
WCCF最凶の超人コンビ、エトー&ガウショに苦しんだものの、何とか引き分けました。ほんとにエトーは脅威ですね。
引いたカードはマルティンス。中央突破時にファン・デル・メイデの代わりになる、スピードタイプのFWが欲しかったので、即加入です。リーセにポジションを奪われたマックスウェルと交代です。

第47戦 VS ヴィオラ・デ・アルテミオ 47-53 (FM) ○4-1
フィオレンティーナ選抜のチーム相手に圧勝です。しかし、ヴィオラってこんなにすごい選手が在籍してたんだね。一時期日本で大人気ってのもわかるような気がするよ。カードが揃ったら、自分なりに組んでみたいチームですね。
引いたカードはビシュカン。サイドもセントラルMFらしいですが、入る隙間がありませんでした。

第48戦 VS インテル 51-49 (RLD1第3節) ○4-1
今度は2004-05のインテル相手に再び圧勝です。同じセリエAのチームでも、ACミランとかユベントスに比べて圧倒されるように感じないんですよね、このチーム。戦力は揃ってるはずなのに・・・
引いたカードはパブロ・ガルシア。なかなか魅力的な右サイドバックですが、パウロ・フェレイラがいるので、見送りです。

第49戦 VS グラスゴー・ブルース 62-38 (RLD1第4節) ●1-3
なんか、あれよあれよという間に3点取られて完敗でした。やはり、コーナーキックからの失点が多いですね。モリーナはロングシュートをはじくことが多いので仕方がないことなんですが…
引いたカードはファン・ニステルローイ。世界最高のストライカーですが、いまさら入る余地はありません。

第50戦 VS ヴィオラ・デ・アルテミオ 47-53 (FM) ○3-2
また、同じチームとのフレンドリーマッチになってしまいましたが、今度は接戦でした。バティにしてやられたものの(ジウベルトを負傷退場に追いやった)、何とか勝利を収めました。ちなみに、ネドベドの初ゴールも生まれました。
引いたカードはマルティン。セサル・マルティン。パワー型のCBです。いま、絶対に欲しいCBはテュラムぐらいなので、見送りです。

「ジャイアント・グロース」もついに折り返しに到達しました。チームはこんな感じになりました。

┏━┳━┳━┳━┳━┓11 トレゼゲ(ユベントス)
┃□┃□┗□11□┃□┃10 CRAアイマール(バレンシア)
┃□┗━━━━━┛□┃09 ファン・デル・メイデ(インテル)
┃□□10□□□□□□┃08 ピレス(アーセナル)
┃■■■■■■■■09┃07 ネドベド(ユベントス)
┃■■■■08■■■■┃06 ダヴィッツ(インテル)
┣07━━━━━━━━┫05 リーセ(リバプール)
┃■■■■■■■■■┃04 シルベストル(マンチェスター・ユナイテッド)
┃■■■■06■■■■┃03 F・カンナバロ(ユベントス)
┃05□□□□□□□02┃02 パヌッチ(ASローマ)
┃□┏ 04━ 03━┓□┃01 モリーナ(デポルティボ)
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛

12 ミド(ASローマ)
13 マルティンス(インテル)
14 ジウベルト(アーセナル)
15 アルベルダ(バレンシア)
16 パウロ・フェレイラ(チェルシー)

任期延長は望むべくもない成績なので、本当にここが折り返しになりますが、23勝11敗16分とまずまずの成績です。できることなら、次のチームのことも考えて、オファーを受けて終わりたいところです。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-18 12:56 | WCCF

ディビジョン1昇格!!

今日は外に出る用事ができたので、帰りにゲーセンに寄ってきました。
ディビジョン1昇格を賭けた「ジャイアント・グロース」の挑戦が始まります。

第38戦 VS 日立パンプキンズ 64-36 (RLD2第6節) △2-2
この試合は前半に0-2と先制されたものの何とか追いついて引き分けました。2失点とも、相手選手に当たったこぼれ球を拾われた不運な失点でしたが、立ち直った後半は完全にこちらのペースで、逆転も狙えるような勢いでした。引き分けてもまだ1位は確保しています。
引いたカードはランパード。超優秀なセントラルMFですが、すでに連携の確立したジウベルトがいるため、加入は見送りです。

第39戦 VS 京都サッカークラブ 68-32 (RLD2最終節) ○4-0
2位との勝ち点差が2、3位との差が6あるため、昇格は確定、勝てば文句なく、引き分けでも得失点差で優勝という状況での最終戦は、3トップの揃い踏みのゴール、ついでに途中交代のミドまで決めた圧勝でした。これでついにディビジョン1の世界で戦うことが出来ます。
引いたカードはモレッティ。左サイドバックの選手みたいですが、もう少し攻撃的な選手が欲しいので見送りです。

第40戦 VS 対人戦 54-46 (EPC1回戦) △1-1 PK 5-4
三ツ星付の強力チーム相手に開始直後に先制されたものの、すぐさま対応して相手の攻撃を封殺しました。しかし、攻撃陣は1点を取るのが精一杯で、PK戦の末何とか勝ち進みました。
引いたカードはトマソン。ミドとの交代を悩みましたが、連携を構築しなおす手間を考えると入れないほうがいいと判断しました。

第41戦 VS 対人戦 53-47 (EPC準決勝) △0-0 PK 4-2
準決勝はゲーマーが作ったっぽい雰囲気の漂うU5チームが相手でした。正直言って、選手の特性を考えていないチームだったので、攻撃力を封殺できたのですが、いわゆる優良白で固められたDFとダヴィッツ、ブッフォンを抜くことが出来ず、スコアレスドロー。またしてもPK戦で勝ち進みました。
引いたカードはネドヴェド。マクスウェルの攻撃参加が不発に終わることが多くなった今、攻撃意識の高い左サイドの選手は喉から手が出るほど欲しいところでした。ピレスの代役も務められるネドヴェドは理想の人材ですが、唯一の欠点は何度も使っているので新鮮味に欠ける事ですね。ダヴィッツに出番を奪われたソン・ジョングと交代です。

第42戦 VS 対人戦 53-47 (EPC決勝) ●1-2
対人3連戦となったEPCですが、開始直後に2点を取られて、何とか対策した時にはすでに遅く、ファン・デル・メイデが1対1を外す不運もあって、1点を返すのが精一杯でした。
引いたカードはスカローニ。身体能力の高いDFですが、欲しいDFはカバーリングの優れたCBなので、加入させませんでした。

ジャイアント・グロースもついにディビジョン1昇格を果たし、タイトルを取れそうな勢いを持つチームになりました。次の目標は、CTの出場条件である、レギュラーリーグ4位以上になります。レギュラーリーグでの対人戦が増えるため苦戦が予想されますが、知恵と勇気でがんばりましょう!
[PR]
by m.o.sumeragi | 2005-12-11 23:28 | WCCF

昇格への道

入るタイミングは計りますが、試合飛ばしはやらないため、どうしてもフレンドリーマッチが多くなってしまう「ジャイアント・グロース」ですが、おかげで連携はだいぶ繋がってます。
しかし、レギュラーリーグがディビジョン2からの出発のため、CTやCCの出場条件を満たすのに時間が掛かるのは、どうしようもありません。まずはディビジョン1昇格を目指して頑張りましょう。

今回は7試合と多めの結果報告です。

第31戦 VS レアル・サン・セバステ 53-47 (RLD2第2節) ○1-0
お互いに中々シュートの形に持っていけず、スコアレスの状態で完全に膠着していた試合ですが、トレゼゲの1発で試合が決しました。やはり、後半から入ったダヴィッツがいい仕事をしてくれました。もう少しパスの精度が上がれば言う事無しなんですけど。
引いたカードはアルベルタ。このところ、出番のなくなったセルヒオ・ゴンザレスと交代です。

第32戦 VS ブラックパンサー・浪速 63-37 (RLD2第3節) ○1-0
前半にピレスのドリブル突破からの1点をかろうじて守りきった試合でした。エムボマを頑張って止め続けたパヌッチとF・カンナバロのおかげです。
引いたカードはイエニスタ。テクニシャン系の選手はもう要りません。

第33戦 VS トスカーナAC 65-35 (EPC1回戦) ○2-0
ついに先発出場のダヴィッツのおかげで完全に中盤を支配しての完勝でしたが、内に切り込みたがるファン・デル・メイデが少々気に掛かります。もう少し外に流れてクロスをあげて欲しいのですが…
引いたカードはガラ。控えのCBが欲しいとは思いましたが、まだソン・ジョングが抜けない以上、しばらくは見送りです。

第34戦 VS 対人戦 54-46 (EPC準決勝) ●0-1
白アドリアーノがエトーとトッティをウィングに従える強力U5チーム相手に中盤を支配されながらも善戦しましたが、CKからの失点にやられました。ピレスが不調でなかったらもう少しいい勝負が出来たと思うのですが、こればっかりは仕方がありません。
引いたカードはモリーナ。またチームメイトを引きましたね。

第35戦 VS バーデン・フェリックス 63-37 (FM) ○1-0
格下相手のフレンドリーマッチでしたが、ファン・デル・メイデの内の切り込みのせいで大苦戦した試合になってしまいました。結局、彼の切り込みからの1点が決勝点になったから良かったものの対策を考える必要があります。
引いたカードはルイ・コスタ。ピレスとの交代も考えましたが、連携のことを考えると出来ませんでした。

第36戦 VS アルビオン・バギーズ 64-36 (RLD2第4節) ○3-0
いつもなら5戦やっておしまいか別のチームに変えるところですが、レギュラーリーグ昇格のために続行しました。結果は大勝。ファン・デル・メイデの切り込みからの戦術が確立しつつあります。でも、やっぱり開いてるサイドからクロスをあげて欲しいな。
引いたカードはシガン。ガラですら入らない状況ですので見送りです。

第37戦 VS 対人戦 49-51 (RLD2第5節) △2-2
相手はグランデ・バルサなチームでしたが、結構戦力比はつかないものなんだなと感心していたら、いきなり2点先制されました。当てにならないよ、戦力比!対策を立てて選手交代をしたらロスタイムで追いつけました。やっぱり当てになるよ、戦力比!
引いたカードはビエリ。1つ前のバージョンのTSに比べて数値が大幅に下がってしまいましたね…残念ながらミドとは交代できません。

レギュラーリーク・ディビジョン2も第5節が終わって4勝1分で1位と絶好調。今度こそ昇格です!!
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-11 00:15 | WCCF

+3/+3だしね。

このチームの名前の由来のように急激に成長した「ジャイアント・グロース」ですが、いまひとつ結果が伴っていません。引き分けの多さが気に掛かります。勝負弱いのかな…

では結果報告を。

第26戦 VS ボトム・ユナイテッド 61-39 (RLD2最終節) △0-0
レギュラーリーグの最終戦も決め手にかけてスコアレスドロー。DF陣の踏ん張りに中盤が応えられず、相変わらずのセンターサークル付近のボールの奪い合いに終始してました。
レギュラーリーグの結果は4位。出場可能な試合を増やすためにも、勝って昇格したかったのですが、世の中うまくいかないものです。
引いたカードはブルーノ・バストでした。

第27戦 VS スリーアローズ・広島 62-38 (RLD2第1節) ○1-0
またしても格下相手に苦戦して、アイマールの得点でかろうじて勝利です。昇格のために負けられない試合を勝てたことは収穫です。
引いたカードはバレロン。ピレスのバックアッパーとして入れようかと思いましたが、とりあえず見送りました。

第28戦 VS マンチェスター・タウン 60-40 (PSC1回戦) △2-2 PK4-5
開始直後にトレゼゲが負傷退場し、さらに先制されたものの、ミドが活躍して何とか追いついた試合でしたが、PK戦で力尽きました。1本ぐらい止めて欲しかったな…
引いたカードはサハ。ミドと交代させるわけにも行かないので加入見送りです。

第29戦 VS FCウディネ 53-47 (FM) ○3-2
お互いに、中盤の争いからひょっこり出るスルーパスによる得点の奪い合いの結果、何とか競り勝ちました。FWの決定力の差でしたね。お互いサイドの選手は何をやってたんだろうか…
引いたカードは、ダヴィッツ。中盤で走り回ってくれる選手が欲しかったので即加入です。抜ける選手は、ほかのチームで使う予定のあるベレッチです。ファン・デル・メイデやパウロ・フェレイラを押しのけることが出来なかったしね。

第30戦 VS FCチック・ディ・アクア 60-40 (FM) ○3-1
相変わらず中盤の支配率が悪いので、後半からダヴィッツを入れた結果、ボールの奪取率が跳ね上がりました。ただ、パスの正確性に問題があるので、早くチームになれて欲しいものです。
引いたカードはシルベストル。またチームメイトを引いてしまいました。

振り返って見れば、今回負けてないんですね。いいチームに育ってきたものです。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2005-12-04 21:23 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧