皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

こんなん持ってたよ

MA3が終わって以来になりますから、かなり久しぶりのPSOですね。最近の週末はWCCFやりにゲーセンへ行っていたから、PSOからかなりご無沙汰していました。
知らないうちに経験値二倍セールとかやってたんですね。

で、気がついたらカーナーがこんなものを持っていました。
c0050443_15245932.jpg


ギターキタ━━━(゚∀゚)━━━!!!!
いや、実際もらえるとは思っていなかったんで、頭の中から完全に抜けていたわけですが…

今更ながら、うれしいですね。確認してみたらちゃんと名前もありました。
c0050443_15344527.jpg


あんなチマチマしたやり方でも、もらえるときはもらえるんですね。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-29 15:46 | PSO

アリエル・アリエン監督記 第1節 ~新チーム始動~

わたしは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスにある、2部リーグ所属のチームに監督としてやってきた。まずは、1部昇格を果たすことが当面の目標ということになる。

監督としての最初の仕事は、キャプテンの指名。並み居るメンバーの中から、ロベルト(アジャラ)を選んだ。彼ならこのクセのあるチームを力ずくでまとめてくれそうだ。そして、FKをアリエル(オルテガ)、CKをセバ(ヴェロン)に任せた。二人とも得意なことを任されてうれしそうだった。

チームの初練習として、まずはチームとしての動きを確認するために、紅白戦を行った。みんなまじめに取り組んでくれて、監督としてありがたい話であった。

第1戦 VS FCファンタジーア (RL第1節:アウェー) ○1-2
初采配となる、アウェーで行われたこの試合は、開始早々アリエン(ロッベン)がサイドの攻防中にピエリーニにケガを負わせてしまった。それでもアリエンの攻撃意欲はまったく衰えず、エルナンの2点を演出した。ウィル(ガラ)のミスから1点を失ったものの、ボール支配率63%で完勝した。幸先のいいスタートであった。

立ち上がったばかりのチームに、有名コーチがやってきてくれて指導してくれた。斬新な教え方に選手たちも何かつかんだようだった。

第2戦 VS 対人戦 (RL第2節:ホーム) ●1-2
人をバカにしたようなふざけた名前に冷静でいられなかったのか、ジダンにいいようにやられ前半だけでいきなり2点を献上してしまった。後半になって持ち直し、CKからフランク(ランパード)が決めて力のあるところを見せてくれたが、2部にいるのが不思議なくらいの完成度のチームには及ばず、このまま試合終了。しかし、選手たちは良くがんばったと思う。

前の試合で感じたのだが、パスのつながりがあまり良くなかった。そこでパス練習をしてみたところ、選手たちの目の輝きが違った。いつもこんな感じで練習して欲しいのだが、それは欲張りすぎだろう。

第3戦 VS 対人戦 (EPC1回戦) ●0-2
この試合の対戦相手は、前の試合と同じオーナーのチームで、やはり人をバカにした読み方をしていた。1部リーグでトップレベルの活躍をしているチーム相手では荷が重かったようだった。ディフェンスをズタズタにされ、前半だけ2点を決められた。後半も攻められっぱなしで、最終的には9本もシュートを打たれてしまった。更にエルナンも負傷退場と踏んだり蹴ったりであった。
彼の怪我がたいしたことなかったのは不幸中の幸いであった。

とりあえず、中盤からの守備の必要性を感じたのでプレッシングの練習をしたが、どうも選手たちは理解できなかったようだった。私の教え方に問題があったのだろう。今後につなげたいと思う。

第4戦 VS USデルマーレ (FM:アウェー) △2-2
前半は押されっぱなしで、ブイエラノビッチに2点も取られてしまった。クロード(マケレレ)のチェックのタイミングが悪いため、ディフェンスラインとの連携がまったく取れていないのが原因だ。しかし、ハーフタイム中の活が効いたのか、後半になったら逆にこちらが押し続け、追いついてしまった。チームとしていい経験をさせてもらったと思う。

前の試合の前半で押された原因は、カウンターがうまく機能しなかったことにあったので、今回はカウンターからの速攻を練習した。選手たちの目の輝きが前回とはまるで違い、集中して練習できたようだ。

第5戦 VS 対人戦 (FM:ホーム) ●1-3
この試合も中盤がうまく機能せず、押されっぱなしの試合で、サンティ(カニサレス)のミスもあって完敗だった。中盤からの守備を徹底する必要を痛感する試合であった。

立ち上がったばかりで、私も試行錯誤の続く状態であるが徐々にチームとしての動きが出来るようになってきているので、これからのチームであろう。

ふざけた名前についての(プレーヤーとしての)愚痴と陰口
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-25 00:04 | WCCF

新チーム アリエル?アリエン!

「ジャイアント・グロース」プレー中に、トレードでWSAのロッベンを手に入れました。そこで思い出したのが、「アリエンとアリエルを一緒にチームに」ということを桜井さんと話していたことでした。

というわけで、今度のチームは今は亡き(注:まだ生きてます!!)桜井さんに捧ぐチーム
「アリエル・アリエン」です。メンバーとフォーメーションはこんな感じです。

┏━┳━┳━11━┳━┳━┓16 ドロクバ
┃□┃□┗━━━┛□┃□┃15 チアゴ
┃□┃□□□□□□□┃□┃14 ジェレミ
┃09┗━━━━━━━┛□┃13 ムティリガ
┃□□□□□□□□□□□┃12 クーロ・トーレス
┃■■■■■■■■■■10┃
┃■■■■■■■■■■■┃11  BS クレスポ
┃■■■07■■■08■■■┃10  LE アリエル・オルテガ
┣━━━━━━━━━━━┫09 WSA アリエン・ロッベン
┃■■■■■■■■■■■┃08 LE ヴェロン
┃■■■■■06■■■■■┃07 WCN ランパード
┃□□□□□□□□□□□┃06 WCN マケレレ
┃02□□□□□□□□□05┃05 IS サネッティ
┃□┏━03━━━04━┓□┃04 LE アジャラ
┃□┃□□□□□□□┃□┃03 マルテェナ
┃□┃□┏━━━┓□┃□┃02 ガラ
┗━┻━┻━01━┻━┻━┛01 WGK カニサレス

なんか、半分以上チェルシーって感じになってしまいましたが、アリエルとアリエンの双方に関係のありそうな選手というと、チェルシーにいたアルゼンチン人ということで、クレスポとヴェロン(ヴェロンはイングランドでは活躍できなかったけど・・・)をセンターラインに入れて見ました。
キーパーがカニサレスなのは、オルテガのパートナーとしてサネッティ、サネッティと連携が取れるアジャラ、アジャラと同じチームの彼のいうつながりと、純粋に彼が好きだからです。
だってカニサレス、あんな顔していながら、色々とある逸話はどれも、
かわいいじゃないですか!

さて、今度のチームの結果報告は、ちょっと文学的(笑)に監督の日記のような形で発表してみるかな。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-21 11:28 | WCCF

タイトルは彼方に 後編

「ジャイアント・グロース」も85試合もこなし、最後が近づいてきました。100試合をこなす前にタイトルを取りたいものです。

第86戦 VS オランニェ・エルフタル 49-51 (ICC GL第1戦) ○2-0
少し間をおいて、再びICCに挑戦しました。コーナーキックの後の乱戦からダヴィッツが決めて先制すると、後は終始こちらのペースで完勝しました。
引いたカードはフィナン。

第87戦 VS キング・マドリード 45-55 (ICC GL第2戦) ○4-3
レアル・マドリードとの戦いらしく、壮絶な打ち合いを何とか制して2連勝でグループ突破を決めました。お互いにFKやCKからの点がないという見ごたえのあるカウンター合戦でした。
引いたカードはWDFのプジョル。来るのが遅すぎたよ…

第88戦 VS 対人戦 52-48 (ICC GL第3戦) ●0-1
負けても構わないと思って戦ったら、ロスタイムに失点して負けてしまいました。結構いい試合していたんですけど、ネドベドのクロスが、一本もFWに届きませんでした。
引いたカードはブッフォン。来るのが遅すぎた第2弾・・・

第89戦 VS スーペル・スダメリカ 47-53 (ICC 準決勝) ○3-1
試合開始早々に先制されたものの、大逆転の勝利です。一時期調子を落としていたトレゼゲが完全に復活しました。サイド攻撃も決まったしね。
引いたカードはビエリ。

第90戦 VS 対ゴースト戦 55-45 (ICC 決勝) ○3-1
ICC決勝の相手は、第81戦で戦ったチームのゴーストでした。今回はラッキーな形で先制した後は、面白いように両サイドを切り崩せました。こうして、念願のタイトルを手に入れることが出来ました。
引いたカードはエスキュデ。

第91戦 VS 対人戦 55-45 (FM) ●0-2
オファーが来ると思っていたけど、なぜか来なかったので、辞任することにしました。で、最後の試合になるこの試合は第81戦、第91戦を戦ったチームが相手になりました。ICCでゴースト作るぐらいだったら、続けていればよかったのに…
結果は、良く2点で押さえられたと思うほど一方的に押し込まれてしまいました。最後の最後でケチがついてしまいましたね。

こうして「ジャイアント・グロースの戦いは終わりました。最終結果は45勝25敗21分で獲得賞金68億7500万円でした。前回の「ローマン・エンパイア」に比べて3倍以上稼ぎました。

さて、これで次のチームに移行するのですが、オファーがなかったためD2からの出発です。キラキラ光ってるチームだから、財政難を気をつけないとね。

チーム発表はまた後日。乞うご期待!!
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-20 00:36 | WCCF

タイトルは彼方に 中編

さて、前回は惜しいところでタイトルを逃した「ジャイアント・グロース」ですが、挑戦は続きます。

第82戦 VS ASローマ 56-44 (RL第5節) ○3-0
ピレスのパスが冴え渡り、トッティ率いるローマ相手に完勝です。ここ最近は、開始10分までに勝敗がわかるほどに一方的な展開になるようになって来ました。
引いたカードはロメロ。

第83戦 VS アヤックス 59-41 (RL第6節) ●0-3
これまた開始10分で負けがわかるほどの完敗でした。こちらのパスがまったくつながらず、一方的なボール支配率で負けました。
引いたカードはカイト。

第84戦 VS 対人戦 46-54 (CC1回戦ホーム) ●0-2
フランス人選抜チーム(ただしベンチは3人)のチーム相手にこれまた完敗でした。リーセとシルベストルでは、ジダンがどうにも止められませんでした。
引いたカードはベルカンプ。

第85戦 VS 対人戦 47-53 (CC1回戦アウェー) ○2-1
ホームでは完敗でしたが、システムを4-4-2に変更して望んだアウェーのこの試合では、先制してその後追いつかれたものの何とか勝利しました。
引いたカードはレーマン。

今回は少々淡白ですが、まだまだ続きます。
そして、次回クライマックス(笑)
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-17 21:59 | WCCF

タイトルは彼方に 前編

ついに育ちきった感のある「ジャイアント・グロース」ですが、プレイヤーの勝負弱さからタイトルと縁の遠いチームになってしましたね。

でも、ICCのグループリーグ全勝と準優勝で、財政的に潤ったおかげで特別ボーナスが出て、チーム全員が絶好調になりました。こんどこそタイトル奪取です。

第76戦 VS ベガルタシンキチU5 52-48 (JT) ●0-1
以前のバージョンと違って、一度出場条件を満たすと何度でも出られる様になったので、もう一度出てみた結果、ピレスを負傷退場させられ攻撃力を落とされた上、試合終了直前にラヴァネッリの突破にやられて負けました。
ちなみに、個人的には以前のようにタイトルに出られなくなるほうが好きだったんですけどね。「タイトルはご計画的に」って感じで。
引いたカードは、モリーナ。開始時からいる不動のGKですね。

第77戦 VS オランニェ・エルフタル 50-50 (RLD1第2節) △1-1
オレンジ軍団相手に先制されたものの、アイマールの正面からのFKがゴール右上に華麗に決まって引き分けでした。
引いたカードはガラ。彼もまた、次のチームの選手です。

第78戦 VS クイーン・レオーネSS 52-48 (RLD1第3節) ●0-4
またしても、全国大会優勝チームとの対戦になりました。ロナウドがまったく止められず、完敗です。これ以上何も言いたくないよ…
引いたカードはキャンベル。

第79戦 VS 横浜マーリンズ 64-36 (EPC1回戦) ○4-0
F・マリノス相手に完勝。なんと、アイマールのハットトリック1アシストの大活躍でした。
引いたカードはクリシー。

第80戦 VS ゴースト戦 49-51 (EPC準決勝) ○2-0
ブラジル人選抜っぽいチームがプレス押しっぱなしなので、いくらでもサイドを切り崩せましたが、この試合に限らず今日はネドベドのクロスの精度が悪く、中央突破でしか点が取れませんでした。
引いたカードはトマソン。サッカー界のヨン様(笑)です。

第81戦 VS 対人戦 57-43 (EPC決勝) ●0-2
サイドががら空きのチームなのですが、やはりネドベドのクロスがまったく冴えず、攻めあがった裏をつかれて完敗でした。試合開始早々にあったトレゼゲが1対1をはずしたのが運の尽きでした。
引いたカードはバンディアーニ。

相変わらずの勝負弱さで、タイトルに一歩届かずの状態が続いてます… OTZ
実はここで終わりではなく、まだ続きはあるのですが、今日の記事はここまでということで。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-17 00:15 | WCCF

宴の後

ついにMA3も終わってしまいましたね。

火力不足のカーナーではVHの地下砂漠3の手前のドルフォン3匹と戦うところまでが精一杯でした・・・

でも、赤箱出ましたよ
c0050443_092088.jpg

八坂瓊勾玉でした。流石にこの字では一発変換できませんね。(一番意味の通る「八尺瓊」は出たんですけど・・・)
草薙も出たので、セットで使えと言う神様のお告げですね。どっかで八咫鏡を手に入れるとするかな。

ところで、うちの漢字変換(IME)、「草薙」や「八尺瓊」は一発で変換できても、「八咫」は変換できないのね。同格の神器のはずなのに鏡だけ差別だよ!(もっとも、剣の正式名称「天叢雲」は無理だったけど)サッカー日本代表のシンボルマーク「八咫烏」だっているのに!!
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-11 00:52 | PSO

ハールもがんばったんだよ。

気がついたら、MA3も1億を突破していましたね。っていうか、この前の記事を書いた直前に突破したみたいですね。

一応、うちのハールディスも貢献しましたよ。3000匹ばかり。銀行の普通預金の利率程度ですね。

これで、アイテムドロップ率も5倍になったので、V101目指して、カーナーの方で回ってみるかな。
VHには力不足だけど。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-07 14:16 | PSO

こいつは、春から何というか…

4日までが正月休みなので、運転免許の更新の帰りに、今年初めてのWCCFをプレイしてきました。
タイミングよく、ICCが開始するところだったので、参加しました。この大会、2周に1回しかやらないから、なかなか参加できないんだよね。
では、結果報告を。

第71戦 VS グランデ・ビアンコ・ネロ 43-57 (ICC GL第1戦) ○4-1
ユベントス選抜相手に、いきなり先制されたものの、アイマールの芸術的なFKを皮切りに、一挙4得点で圧勝でした。ボール支配率も62%と完全に圧倒しました。純粋に相性がいいだけなのかな?
引いたカードはフェラーリ。

第72戦 VS カテナチオ’82 43-57 (ICC GL第2戦) ○2-1
ユーべの次はアズーリでした。これまた先制されたものの、アイマールのアシストからトレゼゲの2発で逆転勝利です。アイマールがサイドに流れる動きを見せるようになったため、攻撃のパターンが増えました。ただ、左足でクロスをあげてはくれないのね…必ず切り返しての右足からだったよ。
引いたカードはロナウジーニョ。キラのほうが良かったなんて贅沢は言いませんよ。

第73戦 VS FCムンディアル02 43-57 (ICC GL第3戦) ○2-1
今度の相手は自称スーパースター軍団だそうです。でも、アイマールの獅子奮迅の活躍で、点差以上の圧勝でした。この3試合、アイマールは絶好調です。
引いたカードはジェラール・ロペス。

第74戦 VS 対人戦 54-46 (ICC 準決勝) ○4-0
チーム名と選手がまったく一致しないチームとの戦いでしたが、相手キーパーの飛び出しミスからラッキーな先制点を挙げると、あとは相手の右サイドをネドベドがズタズタに切り裂いて圧勝でした。攻撃的なサイドバックの選手では、彼の相手は厳しいでしょう。
引いたカードはゴメス。

第75戦 VS FCムンディアル02 43-57 (ICC 決勝戦) ●1-2
前の試合で怪我をしたパヌッチがすぐに復帰でいたものの、何か動きのキレが悪く、ラインの裏をつかれても、カバーにうまく入れませんでした。そのため、いきなり2失点を喰らって攻撃陣も1点を返すのがやっとといった試合になってしまいました。
引いたカードはフラン。

意気揚々と参加したICCでしたが、最後の最後で詰めが甘く、準優勝に終わってしまいました。どうも、こういった勝負弱さはオレっちのチームの伝統ですね・・・
まだ、多彩な攻撃が可能なこのチームを続けられると思えば、問題なしですよ・・・ OTZ
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-05 00:56 | WCCF

おめでとうございます

どうも、あけましておめでとうございます。このブログをご覧になっている数少ない皆様、本年もよろしくお願いします。

さて、ブログに書くのが遅れてしまいましたが、大晦日にWCCFをプレーしてきたので、その結果報告をします。

この前、「ジャイアント・グロース」は同一チームに3連敗したため、特別メニューを勧められてしまいました。実際に何の効果があるのかはっきりと目に見えない練習ですが、気分的に選手の調子が良くなるような感じはします。

第65戦 VS ニューマグパイズutd 56-44 (CT1回戦アウェー) ○4-0
特別メニューの効果があったのか、完勝です。左右のサイドから面白いように攻めることが出来ました。それにしても、PKキッカーを控えに回ったミドのままにしてあるので、誰が蹴るかと思ったら、ネドベドでした。トレゼゲに変えるべきかな?
引いたカードはマルチェナ。次のチームで使う予定の選手です。

第66戦 VS ニューマグパイズutd 55-45 (CT1回戦ホーム) △1-1
アウェー戦で大勝したので油断したのか、前半開始早々先制されて苦しい展開の試合でしたが、後半に何とか追いついてドローに持ち込み、準決勝進出です。しかし、ホント勝負は水物だね。
引いたカードはファン・ブロンクフォルスト。

第67戦 VS ホワイト・ライオンズ 49-51 (CT準決勝ホーム) ●1-2
ピレスのテクニカルな突破が決まって、先制したと思ったら、ルーニーにシルベストルを負傷退場させられました。おかげで不安定になった守備をつかれて、逆転されてしまいました。
引いたカードはヒーピア。負傷したシルベストルの代わりとも考えましたが、見送りです。

第68戦 VS ホワイト・ライオンズ 50-50 (CT準決勝アウェー) ○4-0
ホームで負けた上に、シルベストルの負傷が続くと、大ピンチな状況を救ったのは、トレゼゲでした。なんと4ゴールの大活躍で相手を一蹴してしまいました。シルベストルの代わりにCBに入ったアルベルタも絶好調で、相手を完封と完全勝利です。
引いたカードはパウロ・フェレイラ。出番が減ってきているものの、スタミナ切れを起こしやすい右サイドのバックアッパーとして貴重な存在です。

第69戦 VS アムステルダム・ジュエル 44-56 (CT決勝戦) ○3-1
このCTはオレっちのほかには、もう一人しか参加していなかったのですが、その人のかなり強そうなチームとの決勝を覚悟していたら、2戦目(たぶんアウェー)で大逆転を喰らって負けてしまいました。そんな爆発力のありそうなチーム相手に、ネドベドが3アシストの大活躍で圧倒しました。
引いたカードはヘッセルリンク。

第70戦 VS FCドラゴン04 47-53 (JT) ●2-3
新キラ揃いの豪華なチームをあいてに常に先手を取られる、点差以上に力の差を感じる試合でした。3点のうち、左サイドの守備をつかれての失点が2点とはっきりと弱点が出てしまいました。左側からクロスを上げられると、空中戦の弱さがもろに出てしまいます。
引いたカードはチアゴ。彼もまた、次のチームで使う予定の選手です。

「ジャイアントグロース」もついにタイトルを奪取しました。次のチームもカードが揃い、いつでも立ち上げられるようになったので、今度タイトルを取って、オファーが来たら、もうこのチームを辞めようかと思います。ただ、守備の不安定なこのチーム、このCTが最後のタイトルになりかねないんだけどね。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2006-01-02 02:14 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧