皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2007年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

チームが完成?いやいやまだまだ

さて、メンバーが固定されてきた感の強い「ビルド・アップ」ですが、今のチームはこんな感じです。

┏━┳━┳━┳━┳━┓11 フェネホール・オフ・ヘッセリンク(V・O・H) (PSV)
┃□┃□┗━┛11┃□┃10 S・カルー (フェイエノールト)
┃□┗10━━━━┛□┃09 フィーゴ (インテル)
┃□□□□□□□□□┃08 スタンコビッチ(デキ) (インテル)
┃■■■■■■■■09┃07 エシアン (チェルシー)
┃08■■■■■■■■┃06 ジュニーニョ・P (リヨン)
┣━━━━━━━━━┫05 アルス(ベティス)
┃■05■■06■■07■┃04 スタム (ACミラン)
┃■■■■■■■ ■■┃03 サムエル (インテル)
┃□□□□□□□□□┃02 センデロス (アーセナル)
┃□02━━03━━04□┃01 レイナ (リバプール)
┃□┃□┏━┓□┃□┃
┗━┻━┻01┻━┻━┛
12 B・カルー (パリ・サンジェルマン)
13 フレッチャー (マンテェスターUnd)
14 リーセ (リバプール)
15 ピンティ (ウディネーゼ)
16 G・ロドリゲス (ビジャレアル)

これがもっと引き気味で、ジュニーニョ・Pのところに守備的な選手を入れれば、流行の6バックになるところですが、オレっちは3バック時はラインを上げるので決してそんなオタフォメはしませんよ。

では結果報告を。

第38戦 VS モッシュ・ロヒージャ 60-40 (RLD2第3節:ホーム) ○5-0
開始早々、エシアンのスルーパスを受けたV・O・Hがゴールを決めると後は一方的な展開で合計5点を取る快勝。ジュニーニョ・PのFKや、フィーゴの超人突破、V・O・Hのトリプレッタなど、見てるこっちはホクホクものでしたね。

引いたカードはグジョンセン。数値の高さから一時期は廃人御用達でいたが、最近見かけなくなりましたね。ヒトリデデキタじゃないからね。B・カルーとキャラがかぶるので、加入は見送りです。

第39戦 VS ブラックパンサー浪速 40-60 (RLD2第4節:アウェー) ●2-0
この試合は、上がり目のラインをエムボマとディ・ミケーレの2トップにズタボロにされて完敗でした。G・ロドリゲスを入れた後は立ち直ったので、やはりあの面子ではスピード対応能力が
低いということでしょう。

引いたカードはデキ。いいゲームメイクをしてくれていますよ。

第40戦 VS 対人戦 35-65 (FM:アウェー) △1-1
典型的な6バック白クローンなチームとの対戦でした。アドリアーノの超人突破で先制され、フィーゴの突破がイマイチ機能せず、敗戦を覚悟したときに、後半から入ったリーセの突破が成功し、クロスをV・O・Hが決めて同点。出来をサイドにしたときのサイド攻撃の破壊力の乏しさを痛感しました。

引いたカードはラーション。決定力不足の解消にうってつけの人材だとは思いましたが、カルー兄弟を気に入っているので、FWの入る余地がないのが現状です。

第41戦 VS 対人戦 50-50 (FM:ホーム) ●0-2
7バックのU5ミランという、何ともいえないチームとの対戦は、シェバ、カカ、セルジーニョといったスピードのある選手を止めきれずに完敗でした。これ以上何も言いたくありません・・・

引いたカードはリバス。DFでも、スピードのある選手がほしいので、見送りです。

第42戦 VS コインブラ・フリウリ 51-49 (FM:ホーム) ○1-0
お互いにゴール前までボールを持っていくことは出来るものの、DFの奮闘でシュートを打たせないまま、時間がすぎていく試合でした。最後はゴール前のスポットに入ったボールをV・O・Hがすばやく反応して押し込み、何とか勝利を得ました。

引いたカードはベルマエレン。DFでも、~(以下略)

2度の敗戦は同じ理由で負けているので、弱点がはっきりしたのはいいのですが、それに対応する選手を引けるかどうか、また誰を抜けばいいのかが悩みどころですね・・・
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-05-31 23:12 | WCCF

ただいま修行中

ども、金土日とVF5の大会をはしごしてきた皇です。
相変わらず結果は聞かないでください。

まあ、当面の目標が手足を光らせるアイテムなので、足を光らせるためには大会に出なくてはいけません。いま、取得チケット8枚で、これで3枚手に入る予定なので、緑発光まであと1枚です。

もうすぐ手に入りそうになると欲が出て、どうせなら同じ色で光らせたいなと思ってみました。

でも、手を緑に光らせるには皆伝を超えないといけないのですが、今4段で実力は2,3段程度。遥か彼方遠く先の話です。

一番簡単に手を光らせる方法が、ファイトマネー5万でピンク発光を手に入れることですが、足をピンクに光らせるには、チケットが52枚必要。
あと41回大会に出ればいいんだね。 OTZ

大会は負けてばかりですが、始めたばかりのころに比べれば、オレっちも相当うまくなりましたね。意識して避けを出せるようになったのは大進歩です。
あとは、投げ抜けをいろんな場面で仕込めるようになることと、微有利時の攻め方を身に付ければ一気に強くなれると思います。
そうすれば大会で好成績出して、チケットが余分にもらえるようになるんだけど、どの道先は長いね・・・
っていうか、そんな実力があるなら皆伝超えてるだろうね。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-05-20 23:47 | VF 葵の舞

すげぇぜ!ブナミッション

超星霊期間が終わった後は、主に野良でブナミッションとこ”彼女からの極秘任務”をプレイしてます。

パーティーを組んだ状態でないと受けられないため、待ち時間にすることがないのが玉に瑕ですが、パーティー内に慣れた人が二人いればS評価が取れる程度の難易度なのはありがたいですね。
Bを回ろうと思うと、今のハールディスでは火力が微妙に不足なのと油断すると死んでしまうのですが、フォイエ対策の防具切り替えをきちんとやり、ダムバの直撃を受けなければ簡単には死にませんよ。
中華の洗礼とかもありましたが、見知らぬ人とプレーするのはやはり面白いですね。

このミッションの魅力は協力プレーや高報酬というのが一般的な答えでしょうが、オレっち的には依頼主のブナミさんがお気に入りだったりもします。

所謂ドジっ子という奴ですが、常に「えっへん」と胸を張って生きている、ビーストらしいたくましさの持ち主です。高報酬をポンと払って、これからお昼抜きとへこむのですが、普段どれだけ昼飯代掛かっているだと問い詰めたいところです。
それにS評価でクリアするとわかる驚愕に新事実といい、なかなかに人をなめた性格しています。マヤやライアと同期という話ですが、まちがいなく問題児世代ですね。

彼女の魅力はそんなものではないのですが、ここでは言えませんわ。(エロ注意)
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-05-13 16:37 | PSU

えらい久しぶりだね・・・

ここのところご無沙汰していたWCCFの話ですが、実際にほとんどプレーしていませんでした。ホームのゲーセンは綺羅引き目的のセックスバックの廃人が常に常駐していて、入ろうとすると威嚇してくる始末だったので、馬鹿馬鹿しくてプレーしていませんでした。
「そこ入るのかよ、ケッ!」とか聞こえるような独り言を言われた日にゃもう・・・(ちなみに、そのサテ、7クレぐらいで綺羅が出た)

で、昨日はVF5の公式大会に出るために遠征して、受付までの時間があったので、プレーしました。

第33戦 VS フィル・トロッターズ 53-47 (RLD2第1節:ホーム) ○2-0
押し気味の展開から、ショートコーナーから、リーセが押し込んで先制すると、後は一方的に攻め込んで、後半にデキが左サイドから内に切れ込んで追加点を上げてトドメ。まさしく完勝でした。

引いたカードは、ビルトール。FWは今の体制が気に入ってるので交代はなしです。

第34戦 VS ロコモティフ・ブランカ 59-41 (PSC1回戦) ○3-0
この試合は、ジュニーニョ・Pのゲームメイクが冴えて相手を圧倒、センデロスのフォアチェックと相性がいいのか、ピンチらしいピンチもなく、圧勝しました。ちなみにショートコーナーからリーセのヘッドがいい得点源になっています。

引いたカードはガットゥーゾ。01-02の最初のプレー以来気に入っている選手ですが、故に変わり映えがしないので、見送りです。

第35戦 VS 対人戦 53-47 (PSC準決勝) △1-1 ●PK4-2
ロッソ・ネロを着たドログバやジェラードのいるチームとの対戦でしたが、開始早々にフィーゴの突破からのクロスをV・O・Hが押し込んで先制。その後は選手能力にものを言わせた相手の攻めを何とか押さえ続けたものの終了間際にドログバの個人技にやられてPK戦にもつれ込みました。こうなると、選手能力(特にスタミナ)の差がモロに出て惜しくも敗退です。レイナ、読みはすべてあたってたんだけど、1本も止められなかったよ・・・

引いたカードはバイネリン。調子が完全に落ちたフレッチャーとの交代を考えましたが、今までの功労者だし、調子が戻れば再び活躍できると信じるので交代は見送りです。

第36戦 VS カルデロン・マドリード 43-57 (FM:アウェー) ○1-2
デキ→フィーゴ→S・カルー→V・O・Hと流れるようなパスワークで相手の守備陣を崩壊させて先制したものの、後半にミドルシュートを弾いたボールを押し込まれ同点にされました。デキとV・O・Hのコンビで何とか突き放したものの、冷や汗物の1勝でした。

引いたカードはバイーア。似たようなスタイルのセンデロスが大活躍中なので、交代させません。

第37戦 VS スリーアローズ広島 36-64 (RLD2第2節:アウェー) ○0-1
予想以上に戦力差のついた対戦でしたが、中盤で五分五分の展開を繰り返していました。前半に運良く先制できたから良かったものの、引き分けや負けていてもおかしくない試合でした。厚い中盤を誇るはずなのに・・・

引いたカードはベルカンプ。他のチームで使用中なので見送りです。

薄線止まりの連携ではサイドからのクロスの破壊力がイマイチなため、攻撃の破壊力に乏しさを感じますが、その分中盤を含めた守備力でカバーしているので、負けていません。守備のMVPは反対サイドまで追いかけてボール奪取するセンデロスなのでしょうが、実はアルスがその穴を埋め、サムエルとスタムでラインを確保し、エシアンやジュニーニョ・Pがフォアチェックの先に待ち構えている体制があってのことです。アルスには本当に助けてもらってます。

それにしても、キーパーは弾いたボールに覆いかぶさってほしいんだけどそういう動きがプログラムされていませんね。ヒットメーカーは攻撃シーンの強化には積極的でも守備の動きはあまり気にしていないだよね・・・
だから、サッカー知らないとか言われるのだけど。
[PR]
by M.O.Sumeragi | 2007-05-05 12:11 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧