皇深廉(すめらぎみかど)のゲームメインの日記


by M.O.Sumeragi

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最近のゲーム事情

どーも、お久しぶりです。最近は悠久の車輪しかやっていなく、そのネタはSNS(マキシャ)でやっているのでこっちの方はとんとご無沙汰していました。

最近は結構忙しくて、平日はゲームをやろうという気がなかなか起きない状態です。
休みの日はゲーセンに行ってたいてい悠久の車輪をやっているので、ここで書くネタがそんなに無いんですよね。MJでの愚痴を書いてもしょうがないしね。

とはいえ、PSUは先週終わったイベントだけはきっちりと参加して、イベントアイテムを一通り揃えるだけはやりました。その直前までは課金を切ってたりもしてたんですけどね。
ソニチに踊らされてるよ、俺。
ま、もうすぐ発売のPSPはやるつもりではありますがね。関連イベントとやらも少しはやってみましたけど、「あれなんてギャルゲ?」って感じでした。

WCCFは新バージョンになってから、1回もプレーしていません。だって、負のオーラが蔓延しているのですもの。
ベッカム様とかペレとかまだ高値のカードがあるようで、負のオーラを纏いし者がまだ結構います。もう少し落ち着くまで待とうと思っています。

ただ、連携をつなぐのが改善され、ゲームも現段階ではサッカー的な攻略が有効みたいで、かなり面白そうになっているようです。
いままでの「星占いで相性が決まるアメフトゲーム」からは少しは進化したということです。
アメフトは簡単には変わらないとは思うけどね…

まだ、バーチャファイター5も、バージョンアップして新キャラが増えましたね。(一人は出戻りですけど)
少しプレーしたのですけど、感覚が大分違うのでもう少し慣れないとまともに戦えないのでちょっと困っています。
それはそうと、新キャラのジャン、なかなかいいですね。使ってみたけど、イケルかも。

今週は悠久の車輪の大規模アップデートがあり、負のオーラがそちらに向かいそうな気もするので、WCCFの始め時かなという気もするのですが、仕事が忙しくて盆休みになるまで時間取れそうに無いんだよな…
[PR]
# by M.O.Sumeragi | 2008-07-28 00:14 | 雑記

まったく理不尽だね…

昨日、悠久の車輪の大会があったので、見に行きました。(参加したわけじゃないのがポイント。あれはレベル高すぎ…)で、何もプレイしないのもなんだったのでWCCFをプレイしてきました。

ところが、台のメンテが甘く方向ボタンとプレスボタンの反応がよすぎて、近くのダンレボの振動で反応する始末。まともに練習できないわ、試合中も支持がうまく出せないわで散々でした…

そんな中での結果です。

第26戦 VS フェイエノールト 61-39 (RLD1第2節:ホーム) ○2-1
サイドからの攻撃が冴え、またカウンターも切れ味抜群だったため前半であっさりと2点を取ったものの、後半は防戦一方でルシオが競り負けて1点を失ったものの、何とかこの1点で押さえ薄氷の勝利でした。

第27戦 VS ウンブリア・グリフォン 59-41 (KCC1回戦) ○2-1
この試合も、ロナウドからののパスを受けたアドリアーノが決める展開で2点を先制したものの後半は防戦一方。終了間際に上げたラインの裏を疲れて失点しました。

第28戦 VS 横浜マーリンズ 63-37 (KCC準決勝) △1-1 PK●1-3
試合開始早々にアンジョンファンに強奪レッテで先制され、前半終了間際にカカーとアドリアーノのコンビでディフェンスを切り裂いて追いついたものの、後半はガウショや彼と交代したマンチーニが前に空いたスペースを無視してアーリーに拘ったせいで得点できず、PK戦も3人が外して負けました。

第29戦 VS ルシタニア・ナシオナル 63-37 (FM:ホーム) △1-1
何故かパスがつながらずに攻め倦み、何とか先制したもののすぐさま追いつかれ、グダグダな展開のままドロー。前の試合といい、何か作為的なものを感じるのですが…

第30戦 VS カルデロン・マドリード 53-47 (FM:ホーム) ○2-0
何か全体的には押され気味だったものの、個人の能力の高さだけで押し切り、終わってみれば2点差をつけての勝利でした。

ただでさえボタンがいかれてて納得いくプレーができないところに、第28戦みたいなフラグ全開な試合をされては腹が立ってしまいますが、WCCFはそういうゲームだと割り切るしかないですよね。前線の連携も薄線で止まってしまって、FMでの限界突破をしない限り先がないとかもゲームの仕様なので仕方ありません。

6月に出るという新バージョンはこういった当たりの改善がされているんですかね?
[PR]
# by M.O.Sumeragi | 2008-06-02 05:49 | WCCF

タイトルを取るのは難しい…

なんとなく調子を取り戻しつつある「クアルテットマジコ」ですが、勝利精神が中々上がらないためか、どうも勝ちきれない感じが漂ってきています。何とかタイトルを取って勝利精神を上げなければ…
とりあえず、勝ち点差1で2位のレギュラーリーグディビジョン2の制覇といきたいところです。

第21戦 VS バーミンガムFC 63-37 (RLD2最終節:ホーム) ○3-1
ルシオが怪我したり、クリスがPKを献上したりと踏んだり蹴ったりの守備陣でしたが、クアルテット全員が得点に絡む大活躍で勝ちました。

1位のチームが負けたようで、レギュラーリーグD2の優勝が決まりました。
また、「KUKUHAI」とかいう航空会社がスポンサーになってくれたため、財政難もひとまず遠のきました。

第22戦 VS エンニオ・プロシュート 49-51 (RLD1第1節:アウェー) △0-0
攻めるもののポストに嫌われるなど、ツキのない展開で終始したこの試合でした。後半10分に疲れた選手を交代しようとしましたが、ボールデッドにならないためそのまま試合終了という、何とも言えない結果になりました。

第23戦 VS バライドス・デ・ヴィーゴ 62-38 (KCC1回戦) ○4-0
相手陣内でボールを奪ったエメルソンがそのまま突破し先制したのを皮切りに一方的に攻め続け、終わってみれば圧勝していました。

第24戦 VS ニューカッスル 58-42 (KCC準決勝) ●1-2
とにかく何か呪われたように、自陣内でのパスミスを繰り返し2点を失う最悪の展開でした。何とか1点返したものの、これが補正というやつかと言いたくなるぐらい不可解な試合でした。

第25戦 VS レアル・サン・セバステ 59-41 (FM::ホーム) ○2-0
ロナウドが絶好調で、ドリブル突破や混戦時のシュートなど素晴らしい活躍を見せ、点差以上のいい内容で勝利しました。

タイトルには手が届かなかったものの、チームとしての調子の上がってきた感じがしますが、実は連携をつなぐのに苦労しています。
このゲームは動物占いによる相性がすべてで、特殊連携で相性がよくない限り、連携を繋ぐのは非常に苦労します。占いの相性でメンバーを決めるなんて、サッカー界では某フランス代表監督だけなのにね。
このあたりは6月稼動予定とファミ通に載っていた新バージョンに期待しましょう。
[PR]
# by M.O.Sumeragi | 2008-05-20 00:26 | WCCF

末弥純はいいね

最近、カードを動かす必要のほとんどないWCCFに辟易してきたので、もう少し忙しないATCGをやりたくなって色々探した結果、悠久の車輪に行き着きました。末弥純の絵があるからっていうのが大きかったですね。同じ末弥純がいても三国志大戦3はやる気がまったくしなかったのですが。(天舞で懲りたので、三国志関連はコーエー以外はやりたくないのが本音)

このゲームはシステム的なバランスが非常に良く、メタゲーム的な要素が強いのが特徴です。デッキパワーの差や相性もプレイングでかなりカバーできるのもいいですね。
腕の差に関してはレーティングシステムを導入して同程度のレーティングの相手とマッチするようになっているので、腕の差だけで蹂躙されることも少なく、プレイングの練習もしやすい環境になっています。

c0050443_1271914.jpgまたモバイルサイトから携帯用の壁紙をダウンロードすることも可能で、その絵をこうして張ることも出来ます。こういったサイトでの使用に関しての細かい規約はないけど、使ってかまわないよね?一応コピーライトが書いてあるし…
一応問い合わせておこうかな。

なぜ、やるおなのかについてはあまり深く考えないほうがいいかと思います。
今日拾ったばかりの灰色の年増の方が良かったですか?






でもこのゲームは致命的ともいえる二つの欠点があってあまり人にお奨めできるゲームではないのが難点です。

欠点その1:コモンのダブり率の高さと配列の偏り
このゲームのカード排出率はSR:R:UC:C=1:3:8:38と言われています。少々UCの出が悪いとは思いますが特に問題は感じません。しかしカードの種類がSR:R:UC:C=25:25:30:42とSRが多くCが少ないので、Cがかぶりまくります。
また、1パック50枚の中のなかでSRやRが固まっていることが多く、堀師がめぼしいものを掘った後の台に当たったら、パック切れまでCを引き続けることになります。これが2chなどで排出率が悪いと言われる原因です。

欠点その2:コモンカードの幅の狭さ
上記の通りCの種類が少ないため、Cは低コストの基本的なカードがほとんどになります。Cだけデッキを組もうと思った場合、ワラ(普通のTCGで言うところのウィニーデッキ)にしかならず、デッキ構築の幅が異常に狭くなります。
UCまで含めれば優秀な中コストカードもあるのでバランスデッキも組めますが、高コストカードはほとんどがR以上なので、尖がったデッキはR以上が必要になります。

正直、追加カードが出てCやUCの幅が広がるか、R以上のカードの入手が容易にならない限り、アンバランスなクソゲーだと言って構わないでしょう。ただ、タイトーは追加カードのほとんどがR以上とかいうアクエリアンエイジでの実績があるらしいから怖いんだよね…
親会社からでるLoVもあるからそこまで力を入れられるか分からないし…
[PR]
# by M.O.Sumeragi | 2008-05-04 13:02 | その他ゲーム

ブラジルらしくってなんだろう

非常にらしい形で守備が崩壊して、勝ちが遠のいている「クアルテットマジコ」ですが、最前線とDFラインは調子がよく、中盤が悪いとポジションごとに調子がはっきり分かれた状態です。
財政難が怖いといえば怖いですが、いちいち気にしていても始まらないのでガンガンいきましょう。ここでU5とかに逃げるまねは決してしませんよ。

第16戦 VS 対人戦 48-52 (RLD2第5節:アウェー) ●2-1
監督年俸20億超、チームのグラフもほぼMAXとなんで、D2にいるのか分からないチームとの対戦でしたが、動物で組んだ3トップの前に脆くも崩れ去りました。それにしても、U5を相手にしても、そこまで戦力差がつかないものなんですね。

ついに特別メニューが来てしまいました。財政難の危機が本格的に見えてきました OTZ

第17戦 VS US・デルマーレ 68-32 (RLD2第6節:アウェー) ○4-1
この試合アドリアーノが大活躍で4得点すべてに彼が絡んでいます。キックオフのボールを奪ったりとかなりやりたい放題でしたね。久々の勝利です。

第18戦 VS ピチェーノ・ピゴル 71-29 (PSC1回戦) ○5-1
何か戦力比がえらいことになっているチームの対戦でしたが、格の違いを見せ付けて圧勝しました。なお、アドリアーノが4得点でした。

第19戦 VS フィル・トロッターズ 60-40 (PSC準決勝) ○2-0
前半に幸先良く先制したものの、後半に入ると防戦一方という展開の試合でしたが、終了間際に駄目押し点が入り、ハラハラしたものの結果は残せました。

第20戦 VS 対人戦 52-48 (PSC決勝) ●0-2
第16戦と同じチームとの対戦でしたが、チームとしての完成度の違いは大きく、完敗でした。
一方的すぎてあまり語る気はしませんよ・・・

どうも守備面でのミスから失点するケースが目立つのですが、ブラジルらしいといえばらしいのかも知れません。でも、本来は守備の意識が低いだけでそこまでミスをするとは思えないのですがね。
攻撃面でもパスよりも個人突破を試みるケースが多く、カカとかがボールを持つと常に中央に切り込もうとする始末です。この前のフレンドリーマッチで負けまくったことが今になって連携がつながらないという形でツケを払わされている感じです。
[PR]
# by M.O.Sumeragi | 2008-04-28 02:38 | WCCF

カテゴリ

全体
PSU
WCCF
VF 葵の舞
ドラゴンクルセイド
オーナーズリーグ
PSO
TERA
ハード9-1周回
李超狼奮闘記
SEGA AGES PS
その他ゲーム
雑記
いただき淫ロワイヤル
天マン魔鏡
パチ

以前の記事

2013年 06月
2013年 01月
2012年 05月
more...

リンク

友人リンク
アリエン by 桜井 Ver.blog
poetのPSO日記

PSU関連
PSU公式ページ
PSU Wiki
PSU Wiki

PSU星霊運留守ログ

WCCF関連
WCCF公式ページ
ワールドクラブチャンピオンフットボール情報局

PSO関連
はじめてのPSOBB
PSOBB T~届かない、この想い~



このページで使用されている画像は(株)セガの許諾を得て、Windows用ゲームよりキャプチャーしたものです。配布や再掲載は禁止されています


天マン魔鏡攻略Wiki

DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

最新のトラックバック

ドラえもん ゲーム
from ドラえもん ゲーム
wccf調査隊
from wccfマニアックス
動画や攻略法、アイテム、..
from バーチャ ファイターに関する..

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ゲーム

画像一覧